フォト
無料ブログはココログ

« 07-GHOST:第7話「光に通ずる正しき道は」感想+ツマラナイ妄想… | トップページ | 夏のあらし!:第6話「恋におちて」感想 »

2009年5月13日 (水)

Pandora Hearts:第6話「食い違った現在地」感想+ちょと妄想

時計の針は動いていない。
ちょっと半裸のオズ。ブレイクが診てました。
オズはどうするつもりなのか。
聞いたシャロンのセリフに顔を見合わせるレイブンとアリス。アリス…肉食っとる(笑)てか顔見合わせるあたりが、なんとなく仲いいよね(笑)
オズはアリスの記憶を探すつもり。
肉ばかり食えるな
げっ歯類。喧嘩するレイブンとアリス。てかアリスげっ歯類の意味わかってないんじゃ(笑)
成人の儀の館に行ってみようと思う、とオズ。

ぎゃああああ!!!
ふんわかほんわか笑顔が優しいレイブン!既にオズの仲でレイブンはこう見えているわけか!
ギルとオズ。「どうして父さんは俺のこと嫌いになっちゃったのかな」
「聞きにいってみま」「嫌だ!」「知ってしまうのが…恐いんだ…」
おかえり。オズベザリウス。
馬車が止まってる。
館に着いた。
館には蔦が張っている。
大分古びてるね。
成人の儀のときに洗い清めたのにね。
パンドラのスタッフと離していたレイブン。中で問題が起こったようだから見て来る、と。
「魘されてたな」オズの額を手の甲で叩くレイブン。オズが花売り娘のことをまだ気にしてると思ってる。…ちゃんと診てるんだなぁ!
「あんまり考えすぎるなよ」
馬車に座るオズ。レイブンと「あいつなんか似てるよなぁ…ギルに…」と呟くオズ。アリスが起きて、
「お前が切り捨てたあのガキか」ってアリス!!傷口だからそこ!!一番気にしてるから!!
美味しそうに肉を食べるアリス
「ここにギルがいればよかった…」
ギルも小さいころの記憶がないらしい。ランチを勧めるアリス。ほおばってるほおばってる!…げっしる…
「よかったら全部食べて…」
アリス嬉しそうだなぁ。
5年前のギル!!オズのところにつれてこられたばっかのギル!可愛い!あああ!オスカーにしがみついてる!!なんて!!なんて可愛いんだ!!
オズはエイダ膝に乗っけて本読んでる。いーおにいちゃんだな!
ギル目が死んでる!不安そう!可愛い!可愛い!!
名前以外のことを覚えていないギル。
「お前!俺の従者になるのか?」
「…!…はい」
「じゃあ、俺の言うことなんでも聞くんだぞ!」
「…はい…」
「聞かなかったらオシオキだからな!」
「はい」
「あと、俺の嫌いな野菜も代わりに食べるんだぞ!」
「……はい…」
だめだ…可愛すぎる…ギル…可愛いよ…!!返事してるだけなのにこんなに萌えたの初めて!!
契約者書かせた(笑)
オスカーが急用で部屋を出ようとしたとき、追いかけようとしてカーペットに躓いて転んだギル。揺れたテーブルの上の花瓶がギルの上に!!
てゆーか、「…!まって…!」って追いかけようとするギルも、なにもない床でつまづきギルも可愛いすぎる!ちょっとこれ!犯罪を誘発するレベルの可愛さじゃね!?
ギルバート!あせった伯父さん。でもオズが覆いかぶさってギルを守りました!
カッコイイ!オズ!でも頭直撃だよ(笑)痛いね!「大丈夫か?ギルバート」…そしてギルの普通に心配するオズ。オズかっこいい!!
「ダメです!僕なんかかばっちゃ…だって…だって…マスターを守るのは僕の仕事のハズ!なのに…」
殴られるギル。「なんだ?マスターって。わけわかんないことを。いいか?お前は俺の従者になったんだ。つまり、これからは何があっても俺がお前を守るんだよ。それが、主たるものの務めだからな!」
やばい!オズかっこいい!そしてどうしようもなくギルが可愛い…本当…誘拐したい…
気弱で泣き虫で優しくて、いつも傍にいてくれたギル。
「あいつは俺にとって、だれよりも大切な友達なんだ」
アリスはなんか寂しそう…オズが好きな人の話するからすねちゃった。
チキン残り一個はオズ用に取っといたのかな?
「下らんといったんだ。友だのなんだの。結局…弱いものが群れたがってるだけだろ。私には必要ないものだ」
気配を感じたアリスとオズ

一方レイブン。
屋敷内を見回って、以上なんかないと。
ドルダムのマリオネット。あんな人数操れるのか!
館の古び方に違和感を覚えるオズ

ひっどいなー。その人達、君の同僚なのに。ずいぶん残酷な大人になっちゃったんだねぇ」「黙れ!テメェの人形劇に付き合う気はねえぞ!ツヴァイ」
「せっかくの再会なんだ。もっと喜ぼうよー」
「ああ、嬉しいさ!俺がこの時をどれほど待ち望んだか!」
「あーわかった。まだあの時のこと怒ってるんでしょう?あの成人の儀で僕が君の体を使って坊ちゃんを傷つけたのがそんなに許せないんだぁ!」
ここでオズはツヴァイの声が聞こえれる。
「貴様だけは許さん!」
「あっはは、君って本当に一途だねぇ!坊ちゃんがアビスに消えてからもう10年はたってるのにさぁ!」
アリス到着。そして、扉が開いて…あああ!レイブン捕まった!
…ごめん、でも正直。捕まってるレイブンとか萌える!
「さて、ここからはドルダム人形劇団、特別公演といきましょうかぁ、主演はこちらの少年。オズ・ベザリウス。そしてギルバート・ナイトレイその人であります!」
ここで初めてレイブンがギルだと知るオズ。
回想で誘拐事件があった後のギルとオズ。ギルが入れたお茶って美味しそう…。仲が良かった使用人が裏切ったのみ達観したオズ。
「僕は何があってもお傍にいますよ。僕は貴方がもつ闇を知っています。そして、貴方も僕が持つ弱さを知っている。僕らは光ではなく、影の部分でつながっているんです。だから、これからどれだけの時が立ったとしても。たとえ二人の立場が変わったとしても。」「僕はずっと貴方の従者でいたい」「俺は絶対なんて信じてない」「ええ、知っています。でもそんなものがひとつくらいあってもいい。そうは思いませんか?」
照れるオズ!可愛い!!!そしてギル!キュンキュンするよ!
「僕は決して貴方を裏切りません。そして誰にも傷つけさせない。だって、貴方は僕の…マスターなんですから!」

「レイブンがギル…そんな…」
ツヴァイに髪を引っ張られて苦しそうなレイブン。…ごめ、ちょっと…萌える…
「さあ、良い子だギルバート。坊ちゃんを思う存分いたぶってあげるんだよ…」
操られるレイブン。う、動きがぎこちない…(笑)
10年後だって、信じきれずにいるオズ。捕まって、離せ、と胸を押したら服がはだけてレイブンの胸には傷が。
「どうした?懐かしいだろう?ふふふ…この傷…」
それで、ああ、ギルだと、納得。
「…ああ、覚えてるよ…お前…本当にギルなんだな…」
銃をつきつけるギル
「怨んでるよな…俺のせいで…死にかけて…俺はお前の言う、『絶対』っていうのを信じていたかった。けど、それが俺のせいで嘘に変わる。そんな瞬間を見るくらいなら…」
銃を自らの顎元につかんで微笑むオズ
「ここで死んだほうがましかもな…」
今までのことを思い出すギル。オズは引き金に手をかけて…

え、ちょ!!そこで終わるの!

妄想
・ドルダムに支配されてるギル
「さあ、良い子だギルバート。坊ちゃんを思う存分いたぶってあげるんだよ…」
ぎこちなく立ち上かって、近くにいた猫を捕獲!そしてオズに突きつけ!
「ふははははは、恐いだろう!!」
「…いや、まったく…てか猫持てるってことはやっぱギルじゃないな!」

ピーマン口に詰めるのも考えたけど、ピーマンどっから持ってくるの?って思ったら猫のほうが都合がよく…

« 07-GHOST:第7話「光に通ずる正しき道は」感想+ツマラナイ妄想… | トップページ | 夏のあらし!:第6話「恋におちて」感想 »

「PandoraHearts」(アニメ)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1097336/29589487

この記事へのトラックバック一覧です: Pandora Hearts:第6話「食い違った現在地」感想+ちょと妄想:

» Pandora Hearts #06 食い違った現在地 [だい亜りー]
パンドラハーツ(略して「パンツ」)への熱い想いを実況形式でお伝え致します。 ... [続きを読む]

» ◎PandoraHearts第6話食い違った現在地 [ぺろぺろキャンディー]
とりあえず、オズは住んでた館にいってみることに。館の中では何か問題がおきたらしい。ギルのことを思い出す。オズがきりつけた黒髪の従者らしい。ギルのことをアリスにいろいろ話すと、なんかアリスが怒る。屋敷のなかでは、パンドラの人たちが何者かに糸であやつられて...... [続きを読む]

« 07-GHOST:第7話「光に通ずる正しき道は」感想+ツマラナイ妄想… | トップページ | 夏のあらし!:第6話「恋におちて」感想 »

最近のトラックバック